« 雨 | トップページ | センターど真ん中 »

2007年6月17日 (日)

気付いた

今までオレの場合、曲をつくる時は
なんとなく演奏するメンバーのイメージがあって
きっとみんなはこうくるだろう、とか
メロディーまで乗せない場合は、こんな感じで・・
という雰囲気でトラックを作っていったりした。

作曲すること自体ZEPPET STOREが解散したあとは、
まったくしていなかった。
というか、する気分でもなかったりした。
イメージするべきものが無くなったから。

今回の曲たちはLUCY'S DRIVEを再起動すると決めてから
すべて書いたものだ。
新たに目的地が見つかったといっていい。
曲作りはすんなり進み
DEMOの段階までは特に苦労はなかった。

今回はバンドというスタイルではないことは
決めていたので(ライブに関してはまだ決めてはいないが)何の縛りもない。
作業自体は次のステップに進み
いわゆる肉付け作業の段階に入っている。

そこで気付いたのだが、選択肢がありすぎる!
いくらでも方向性が見出せるのだ。
この方向でいくのもありだし、こっちもあり。
ん~、困った・・。
という場面が今回は多い。そうなのだ、すべてはオレのさじ加減。

これが、1人の良いところでもあり、厄介なところでもある。

また、マニピュレーターの成田さんもマニアだけに
引き出しがあり過ぎるほどある。
まして最近のPCでの作業はほぼ無限大
といっていいほどなんでも出来てしまう。

しかし言えるのは、これまでにやったことがないサウンドである。
もちろん、オレらしいものではあるが。

バンドとの違いを肌で感じながら、うれしい悲鳴を
上げつつレコーディングは続く。

« 雨 | トップページ | センターど真ん中 »