« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の4件の投稿

2007年12月20日 (木)

タバコ

Cimg2218 最近タバコを替えてみた。
AMERICAN SPIRITのペリックである。

マルボロ→マルボロミディアム→
フィリップモリススーパーライト
と遍歴は変わっていたが、
年とともにライトなものに移行していたものの
本数自体は変わらず、大体1日に一箱程度である。

年々料金アップや禁煙ブームとなり
愛煙家にとっては肩身の狭い時代になったが
オレにとってはタバコは音楽と同じで
切っても切れない関係にある。

音楽を始めた頃から常に行動を共にしてきた
仲間であるし、創作時の行き詰まりを
何度となく助けてくれた恩人でもある。

さて、今回の変更は知人に薦められたのが
きっかけなのだが、
このタバコ、他のものと違い340円と料金が高い。
今まで吸っていたのが300円だったので
40円アップである。

しかもその辺の自販機にもほとんど入っていない。
日常生活のなかで非常に買い難い。
今はカートン買いである。

にもかかわらずなぜ?とお思いでしょうが
そこには大きな理由がある。

まず味だが、これは当然好きなテイスト。
大きく分けるとマルボロ系統といえる。
意外と口当たりがライトなのも好印象。

最大の特徴は
1本の燃えている時間が
普通の倍近く長い。
通常大体5分程度だが、10分近くはもつ。
これは驚く。

では、なぜか?
それはこのタバコが無添加であるから。

通常のタバコには色々な
化学添加物や薬品が入っている
ことは知ってはいたが、
実際に目の当たりにすると驚く。

実際に少し調べてみると、
「たばこに使用される599種類の添加物のうち
100種類以上は有害である可能性のあることが、
新しい研究によって明らかにされた。
たばこの成分については企業秘密であり、
1994年に公表された添加物リストのうち、
現在いくつ使用されているのか、実態を知ることはできない。」
とある。

恐ろしい~!

タバコ自体が体に良くないというが
実際はそれに入っている色々な得体の知れない
薬が悪いんじゃないの~?
である。

オレは別にサンタフェナチュラルタバコ社の
回し者ではないが、
このタバコはオレにとって美味い。
これは事実である。

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

帰還

以前も紹介したが
愛車モトラがメンテナンス&カスタムから
やっと帰還してきた。

一度は戻ってきたものの、受け取った後
何をやってもエンジンがかからず
再度入院となっていた。

このバイク、オートセル機能(ボタンひとつで
エンジンがスタートできる)はなく
エンジン始動はキックのみ。
なので、一度かからなくなると
それはそれは大変なのだ。
キックと言っても結構な力が必要で
5分もキックし続けるともう息は切れるし
真冬のくせに汗だくである(笑)。

今度は冬ということもあって
少々かかりにくいのだが、問題なく快調に走っている。

初めに手に入れたときもそうだったが
なにせ古いバイクはある程度走り込まないと
調子が悪いのである。
毎日走りこんでくると快調そのものであるが。

帰還後は運転操作が変わって
すべてマニュアル操作となった。
スクーターと違い、ただアクセルを回せばOKという
訳には行かない。

左手がクラッチ、右手がアクセル・フロントブレーキ、
左足がシフトペダル、右足がリアブレーキとなる。
これらを上手く連動させてスムーズな走りができるのだ。
しばらくの間は代車のスクーターに乗っていたので
ここ最近はすっかりそれに慣れてしまい
モトラに慣れるまではもう少し時間がかかりそう。

しかしまたそれが楽しかったりするのである。
まだたまにエンストしているが(笑)。

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

明日発売!

さていよいよ「DEEP SEEKER」明日発売!
今年4月からの曲作りスタートから
やっとこの日を迎えることになる。

通常のアーティストであればこの期間は
短い方だと思うが、なにぶん成田さんと
2人きりでのレコーディングだったし、
初めてのソロ名義ということでもあり
今思うともう随分と前のようにも感じる。

レコーディングが終わってからも
成田さんとはまめに会っていて
今回の反省点やこれからの希望など色々と話している。

始めは1人での作品を作ったらどんな感じになるのか、
以外はまったく考えなかった、というのが
正直なところで、ライブとか次回作とかは
全然考えもしなかった。

しかし人間、欲がでてくるもので
今回の音をライブで演奏したらどんな感じになるのか
考えただけでもワクワクするし、
次回作を作るとしたらこんな曲もしてみたい、
とか色々でてくる(笑)。

発売記念に簡単なセルフライナーを。

「LUCY'S DRIVE / DEEP SEEKER」

1. Change for Us   
今回1番最初に作った曲。なのでやはり1曲目でしょうといことで。
当初はもっとバンドっぽいドラムだったけど、
それじゃ面白くないということでこのアレンジに。

2. Squeeze the Sun   
かなり歌ものに仕上がったと思う。
今回コーラスにはmurmurの露谷さんに参加してもらった。
録りの時は一応全編歌ってもらったが、
オレの歌よりそれでいいんじゃないか?と思ったほど素晴らしいヴォーカル。

3. Inside Noise   
4つ打ちやりましょう、とDEMOの段階からのお題目で作った曲。
成田さんのセンスが光っています。
いわゆる轟音ギターはこの曲ぐらいなんじゃないかな?

4. Somewhere 
今回レコーディング中に作った曲、2曲中の1曲。
前曲のTD中にこのまま別曲につながったら
面白いんじゃないかということで
成田さんにリズム先行で作ってもらった曲。
自分的には初パターンのメロディーの乗っけ方で結構気入っている。

5. Be Strong Now
DEMO段階では初期ジザメリバージョンだった(笑)。
フロアで踊れるものを、というディレクターのリクエストでこういう
アレンジに。
なかなかいい感じになったでは?
しかしこの歌は難しかった…。

6. Begin to Change
このリズムありきで作った曲。サビで8ビートになるところが気入っている。
なかなか面白い世界観が作れたと思う。
ベースラインは成田さんと二人で考えた。

7. Good Reason 
アコギを何本も録り、編集しまくったアレンジ。そのわりには自然に聞こえる(笑)。
このベースのノリを出すのは意外と大変だった。

8. Breeze 
これはほぼDEMOのアレンジのまま。メロディのギターの音色・ニュアンスに苦労した曲。

9. See the Way 
今回一番シンプルな曲。いわゆるバンドっぽい編成。ギターソロはDEMOテイクを使用。

10. Feel So Good
レコーディング中に作った新曲。これもリズムから作り最後にメロディを乗せたもの。
なかなかいいメロディになったと思う。
この曲で自分の中で1つハードルを越えられた気がする。

ではお楽しみを!!

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

LIVEについて

最近いろいろなLIVEを見に行ったりと
ライヴハウスに顔を出す機会が多い。

レコーディング期間は本当にスタジオ以外に
行く機会がなかったので、
他所のバンドのLIVEを観るといろいろと
感じることも多い。

また客席で客観的に見るのと
ステージで演奏する側とでは大きく感じ方も違うし
伝わり方なんかも随分と差があるものである。

L'SDもLIVE活動をスタートするべく色々準備している段階だが
音楽的なことからそうでないところまで
いろいろと考えることも多い。

が、所詮スタジオでメンバーの音がアンプから
出ないと始まらないわけで
机の上では答えがでないのがLIVEの良さでもある。

とりあえず1から作り上げないといけないので
その辺は焦らずに楽しみながらやろうと思っている。

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »