« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の4件の投稿

2008年2月25日 (月)

渋谷にて

日曜に久しぶりに渋谷の街へ。
最近は随分ご無沙汰の街になる。
5・6年前は毎日のように行った気がするが。

さすがに日曜ともなるとにぎやかだが、
寒さのせいか少し人出も少ない気がする。

相変わらず若者でごった返す中
たまたま入った楽器屋で思わず
中古機材を衝動買い。
ん~、そんなはずではなかった(笑)。

対応してくれた店員のお兄ちゃん(恐らく24~25歳)
はなかなかいい感じで、色々機材についても
詳しく教えてくれたし
オレの試奏を、接客しながらも聴いていたらしく
そういう感じの音を出したいなら
ぴったりですよ、となかなか商売が上手い。

実際現状は新品でもメーカーで在庫切れらしく
ほぼ新品に近いものが、安く購入できたのは
なかなかいい買い物だったと思い込みたい(笑)。

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

初セッション

ついにメンバーによる初セッション。
生LUCY'S DRIVEである。

みんな手探りの記念すべき第一回。
久々のバンドの音で、リハ終了後の
心地よい疲労感と耳鳴り(笑)。

みんな現役バリバリのプレイヤー
だけあって流石である。
細かい詰めはなしで、ざっと
曲の感触を確かめた内容だが
なるほど、なるほど、こういう感じか
といったところ。

CDに関しては打ち込み、ループ、シンセを
多用しているため、
今回はそのままの再現はしようとは思っていない。
LIVEならではの生の音だけでやってみようと
思っている。

ということは当然そのままのアレンジでは
難しいところもあるので、あたらしくリアレンジ
していくことになっていくだろう。

今後、リハーサルを進めていくうちに
曲たちはどんどん進化していくだろうし、
新たな顔を持つことになる。

そこが何より楽しい。

メンバーそれぞれの個性がでた
曲たちはどんな風に変わっていくのだろうか?
今からワクワクするオレなのである。

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (2)

2008年2月13日 (水)

LIVE決定

LIVEが決定しました。
とりあえずの情報を。

cryv present's 向現 Vol.3

■'08年4月5日(土曜日)
■新宿MARZ&MOTION
■OPEN:17:00/START:17:30
■ADV:¥2,500/DOOR:¥3,000
■ローソンコード:72851
■LIVE ACT

□d.v.d
□FLEET
□Gutevolk
□Lucy's Drive
□monocism(大阪)
□oak
□百景(大阪)
□cryv

□DJ chicchi(bluestars☆night)

・・・・and more!

まだメンバーとスタジオに入っていないので
何とも言えないが、
リハーサル状況などこれから
報告していきたいなと。

ではまた!

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (2)

2008年2月 5日 (火)

雪景色

春はまだか?なんて前回書いたが
まさに逆行するように日曜は雪が積もった。

日曜の朝にまたリハに入る予定だったので
起きてみると、雪景色。
一瞬実家の新潟を思い出したくらいの
本降りの様子。

最近はこんなに東京で雪が降るのも
珍しいが、しょうがないので
雪の中スタジオに向かった。

でもなんかその感じも高校生時代を
思い出す感じで、なんだか懐かしい。
昔は雪の降る中、友人宅の離れで
友人たちとバンド練習をしたものだ。
あの頃はリハーサルなんてものじゃなく
練習。部活の延長みたいなノリだった。

ワイワイやりながらも真剣だったし、
今でも初めてバンドの練習で
みんなと音を合わせた時の感動を
思い出す。
「レコードと一緒じゃん!!」
とても下手な演奏だったと思うが
オレの耳にはそう聞こえた(笑)。

近々に行われるLUCY'S DRIVEの
バンド初リハはどう聞こえるだろうか。

http://www.myspace.com/lucysdrive
http://vividsound.co.jp/art_show.php?aid=1611

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »