« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月の2件の投稿

2012年11月11日 (日)

下北沢251

5人の新生ZEPPETSTORE初のライヴハウスLIVE。
下北沢251。

1110251

随分と久しぶりの251のはずなのだが、
な~んの違和感もなくリハーサル開始。
5人での立ち位置は、4人の時とは異なるので調整しながら。

各自、音を作りこんでいく。いつのも感じ。

251rh

川崎チッタでのLIVEはやったものの、大きさ的にライヴハウスの
大きさではないので、ある意味別物。

来年のツアーはライヴハウスがメインになるので、
雰囲気を掴むにはもってこいなのだ。

「バネ音デカいよ~!」
な~んて会話もありつつ和やかに、一つ一つ確かめながら
リハーサルは進行していく。



本番はビッチリのパンパンのすし詰め状態のオーディエンス。
PENPALSとのLIVEだけど、対バンは何年ぶりなのよ?
という現実よりもあたかも当時に
逆行したかのような時間の流れ。

オーディエンスもそんなネジ曲がったかのような空間を
楽しんでいるのが伝わってくる。

決して回顧的な楽しみ方じゃなく、過去も踏まえたうえでの現状を
楽しみながら泳いでいる感覚。



「TO BE FREE」で始まったLIVEはまこ期、バネ期取り混ぜの
新しい音。
そうまさに新生ZEPPET STORE。

過去の曲たちは生まれ変わっている。
もちろん新作の新曲も。

汗まみれの熱気に包まれたステージと客席。

5人で動き出したバンド。
これからのLIVEが確信できた記念すべき日となったかな。

2012年11月 8日 (木)

ALBUM 完成!

再結成後初のNEW ALBUM 「SHAPE 5」ついに完成!!

震災チャリティーをキッカケに
少しづつ準備をしてきた5人のメンバー。
それぞれの活動やスケジュールを
なんとか調整しながらやっと作り上げた作品。
最終工程のマスタリングも終了。

同じバンドのメンバーながら、初の顔ぶれの今回。
チャリティーCDの収録曲「IF YOU WANT ME」(初の5人での制作)
で既にかなりの手応えを感じていたのだが、
アルバムのボリュームでの制作作業は結構大変だったのは確か。

特に木村世治、YANA両二名はかなりタイトなスケジュールの
隙間を縫いながらの制作。キツかっただろうな~。

しかしその成果は過去体験したことのない仕上がりになった。

どこをとってもZEPPET STOREなんだが、
何といっても二人のスーパーギターリストが完全融合。

それぞれが所属した前期・後期とするならば、
もちろんどちらの雰囲気もある。
今回のサウンドプロデュースも、もちろんその二人。

おれはどちらとも活動を共にしてきたし、どちらの人間像も
よく知っている。今回の活動があるまでは、
なんとなく二人の距離感があったのも事実だろう。

それが、今回はガップリの対決、融和、共存である。
もちろんそれぞれのメンバーらしさが表現されている今回の作品。

素晴らしい。

その一言につきる。
皆さん、決して期待は裏切らないでしょう!

新生ZEPPET STORE MV解禁です!!

http://www.zeppetstore.jp/

Mastering1

Mastering2_2

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »