« 始まってます! | トップページ | ナカムラ制作手記2 »

2013年6月30日 (日)

ナカムラ制作手記

さて、ZEPPET STOREのプリプロが始まったのは
既にご報告したが、バンドのブログでも
告白した通り、自宅の録音設備を一新してみた。

個人のブログなのでもう少し
突っ込んだ話をしたいと思う。

オレが自宅録音を始めた頃は
カセットテープのMTRがスタンダードな機材で、
そのあとにはビデオテープで録音するものや、
MD、そしてハードディスクレコーディングと
時代の流れは移行していく。

当時個人ベースでの録音機材といえばやはりMTRが
主体で、PCベースのDTMでの録音ともなると
今ではアマチュアの人でも標準な環境ではあるが、
一昔前まではやはり高価な品物であったのだ。

PCソフトでの録音が主流な今日でも
ハードディスクレコーディングのMTRも、もちろん
存在する。(しかもかなり安価)

自宅での作業をどう捉えるかにもよるが、
オレの場合はあくまで、バンドに持ち込むための
DEMOテープ。
それをネタに改めてバンドでアレンジするわけで、
そんなに凝ったものは必要としていなかった。

つまり、作り過ぎないことが重要なのだ。

カセットのMTRを使っていたのも
音そのもの質感が好きというところが大きい。

しかし、モーターがイカれてしまい
テープスピードが安定せずに、明らかに
再生時のピッチがオカシイ。
つまり、テープ回転スピードが遅いのである。

まぁ、簡単に言うとそれで録音したものは
使い物にならないということ。
音楽的にオカシイのだ。聞いていて気持ち悪いし(笑)。

・・・次回に続く

« 始まってます! | トップページ | ナカムラ制作手記2 »

コメント

色々と音楽作るのも大変ですね。(^O^)
でも、中村さんの、作品好きだから、沢山作って下さい。

なにやら 難しくてわからない
でも がんばって良い物を作ってください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナカムラ制作手記:

« 始まってます! | トップページ | ナカムラ制作手記2 »